分娩

基本方針

基本的に『母児同室』です。

当院は、産後母児同室ですが、お母様の体調や希望により、赤ちゃんをお預かりすることもできます。赤ちゃんのお世話や授乳についての疑問点など、いつでも対応します。

  • 医療情報は患者様へ丁寧にご説明いたします。
  • 分娩には産婦人科医師と助産師が立ち会います。
  • 当院で対応できないと予測される妊婦様(早産や合併症妊娠)は早期に紹介させていただく場合があります。
  • 妊娠中にバースプランを立て、立会い分娩など患者様中心の分娩ができるようにします。
  • 母児同室や母乳は、妊婦様のご希望に合わせてサポートいたします。
  • 赤ちゃんの診察は小児科医師が行います。

会陰切開縫合

経膣分娩による会陰肛門裂傷が起こらないよう、必要に応じて行う処置です。

陣痛誘発促進剤

分娩予定日超過や微弱陣痛など、妊娠分娩経過に応じて使用することがございます。その際には、十分に説明をさせて頂き、ご同意を得た上で使用いたします。

立ち合い分娩

原則大人2名まで 両親学級、父親学級など受講する必要はありません。
お子様は、大人が面倒を見れる範囲で立会い可能です。
→感染流行期など、当院の判断でご遠慮いただく場合もあります。

帝王切開

既往帝切後妊娠や骨盤位妊娠(逆子)などの場合は、安全性を考慮して帝王切開による分娩となります。

分娩費用

分娩 入院期間(ご出産日を含め) 入院費用
正常分娩 初産6日間 59万円~
経産5日間 55万円~
帝王切開分娩 術後 8日間 保険適応 約50万円~

費用には、個室料金も含まれます (テレビ・冷蔵庫は無料でお使いいただけます)
※夜間帯の分娩については 25,000 円追加となります。
※分娩の経過によって入院日数が変更となる場合がございます。(入院日数により金額変更)
※出産育児一時金直接支払い制度(42万円)の利用にて、ご負担が軽減されます。
※お祝い膳追加料金(本人無料) 大人3,000円 小人1,500円となります。
※精算は、現金またはクレジットカード(一括払い)・デビットカードがご利用できます。
※ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

分娩予約

予約の際の注意点

  • 分娩予約金として22週までに100,000円お預かりしています
  • 出産育児一時金直接支払い制度を利用される方も、予約金が必要となります

予約方法

外来受診(定期健診)時に 分娩予約申込書をお渡ししておりますので、ご記入後提出していただいた時点で仮予約となります。

窓口受付時間
平日8:30~16:30
土曜日:8:30~12:00

お支払いは、現金またはクレジットカード(一括払い)、デビットカードでお願いします。分娩予約金の入金確認後、分娩予約完了となります。

※予約金は、出産の入院診療費に充当し、退院時に精算いたします。
※預り金控えは、退院時の精算の時に必要になります。大切に保管してください。預り金控えの再発行は致しません。