子宮頸がん検診

子宮頸がんとは?

子宮頸がんは、子宮の入口(子宮頚部)にできるがんです。子宮頸がんの発生にはヒトパピロ―マウイルス(HPV)の感染が関連しています。HPVは、性交渉で感染すると言われているウイルスで、感染そのものは稀という事ではなく、感染しても多くの場合は無症状のうちに排除されます。しかし、排除されずに感染が持続すると、一定の時間をかけてゆっくりと子宮頸部の組織にがんに進行する可能性がある細胞が増えていきます。これを異形成と呼びます。定期的に検診を受ければ、がんになる前の異形成の段階で見つけることが可能です。以前は発症のピークが40~50歳代でしたが、最近は20~30歳代の若い女性に増えてきており、30歳代後半がピークとなっています。

検査方法

問診

問診票に、月経周期や直近の月経の様子、生理痛の有無や月経血の量、妊娠歴、閉経した年齢などを記載していきます。また、診察室で医師からの質問に答えます。

視診

膣鏡を膣内に挿入し、子宮頸部を観察します。おりものの状態や炎症の有無を目で確認します。

細胞診

ブラシやヘラなどで子宮頸部を優しくこすり、細胞を採取します。ほとんど痛みはなく、短時間で終わります。

受診について

当院では横浜市の子宮がん健診を行っています。「無料がん検診クーポン」をお持ちの方は受診の際にお持ち下さい。
お手元に無料クーポンが無い方でも、①20才以上(年度内に20才になる方も含む)、②横浜市に住民票のある方、③2年以内に子宮がん検診を受けていないという3つの条件に当てはまる方は、横浜市の補助を受けて検診を受ける事が可能です。料金は1,360円です。

受診方法

インターネットと電話で予約が可能です。
※予約なしでも受診は可能です。

横浜市の子宮がん検診対象の方は、がん検診に必要な検診票のご記入をお願い致します。
検診票は当院でご用意しております。

結果について

結果は2週間後にお伝えいたしますので、ご来院下さい。

子宮頸がん検査の結果が「要精密検査」だった方へ

子宮頸がん検査の結果は現在ベゼスダシステムという方法で分類されています。
細胞にはいろいろな形の変化があり、正常な細胞の形、炎症など起きているときの細胞の形、がん細胞の形などそれぞれに形態的な所見の相違を認めます。そのなかで、正常でもなく、がんでもなく、炎症ともいえないような、何にも属さない細胞を異型細胞と言います。それらの細胞を調べてみると、ウイルス感染すなわちヒトパピローマウイルスが感染した細胞であり、ウイルス遺伝子が組み込まれていくと徐々に細胞の性質が変化し、細胞の異型度がだんだん強くなっていずれがんになっていくことがわかっています。そのため、がんではないけれども異型な細胞が存在するもしくは疑われる場合はさらなる検査が必要となります。
子宮がん検診で要精密検査という結果が、イコールがんを意味するものではありません。分類に応じた推定病変が示唆されるということであり、確定するのは次のステップになるので、異常の結果を受けても慌てずに精密検査を受けることが重要です。

検査結果の見方

子宮頸がん検査の結果はベゼスダシステムという方法で分類されています。詳細は下記をご参照下さい。

  • NILM 正常です。年に1回の検診が勧められます。
  • ASC-US この結果の時は、HPV(ヒト・パピローマウイルス)の検査を行います。陽性であれば異形成の存在が示唆されますので、精密検査対象となります。陰性であれば6か月後のがん検査予定となります。
  • LSIL 軽度異形成です。精密検査が必要です。
  • HSIL 中等度異形成から高度異形成、上皮内がん(初期の子宮頸がん、0期)の可能性があります。精密検査が必要です。
  • ASC-H 異形成以上の病変があるものの、その程度が判別できない場合にこの結果となります。異形成以上の病変があるため、精密検査が必要です。
  • SCC 子宮頸がんの診断です。上皮内がん(初期の子宮頸がん、0期)を超えてる可能性があります。急ぎの精密検査が必要です。
  • AGC 腺系の細胞異常が認められます。精密検査が必要です。
  • AIS 初期の子宮頸部腺がんを意味します。精密検査が必要です。
  • Adenocarcinoma 子宮頸部腺がんです。初期を超えている可能性があるため、急ぎの精密検査が必要となります。

子宮頸がん精密検査

子宮頸がん精密検査は、がん検診で出た結果に対して確定診断をするための検査となります。精密検査は拡大鏡を使って観察します。この検査のことをコルポスコピー検査といいます。このコルポスコピー検査で観察した結果、異常所見と判断される箇所から狙って組織を採取し検査を行います。当院でもコルポスコピー検査を行っており、検査の所要時間は10分程度です。

受診方法

インターネットと電話で予約が可能です。
※予約なしでも受診は可能です。

お近くの健診センター等で子宮頸がん検診をご受診された方は、検診結果を必ずご持参下さい。
また要精密検査となられた方の診察は保険診療となりますので、保険証をご持参下さい。

結果について

結果は2週間後にお伝えいたしますので、ご来院下さい。

ご受診される皆さまへ

健康診断の結果だけで理解するのは難しく、調べると余計わからなくなったり、不安になられる事もあると思いますので、検査で異常を指摘されたら医療機関に受診しましょう。当院には女性医師が在籍しておりますので、同性だからこそ話せるお悩みもお気軽にご相談頂ければと思います。
※女性医師をご希望の場合は、お手数ではございますが電話で予約をお取り下さい。