胎児診断外来

胎児診断

安全な出産のためにお腹の赤ちゃんのことをもっと知りたい方はいませんか?
当院の産科は、そんな方のために胎児診断外来を開設しております。
胎児診断外来は、超音波検査を使って胎児の形態的異常、機能的異常を精査するための専門外来です。単に胎児の大きさや性別を診るだけにとどまらず、胎児の状態に応じて様々な超音波技術(カラーやパルスドップラー、4Dなど)を駆使し、胎児異常の有無、さらにはその病状や重症度(予後)について時間をかけて精査いたします。精査で得られた情報をもとに、より安全なご出産を迎えるためにどうすべきかについてアドバイスやサポートを行っていきます。

超音波画像 録画サービス

<超音波画像 録画サービス>
産科外来の妊婦健診にて胎児超音波画像の録画サービスを行っております。
ご希望の方には、【AngelMemory】によるスマートフォン・タブレット・パソコン・携帯電話でサイトにアクセスして撮影したエコー動画を、いつでも、どこでも閲覧できるサービスを行っております。
https://www.angel-memory.jp/AgmPage/

「家族アルバム みてね」

「株式会社ミクシィの子どもの写真・動画を共有できる無料のアプリ「家族アルバム みてね」とAngelMemoryのエコー動画連携が2017年9月29日にスタートしました。
※既に「家族アルバム みてね」をお使いの方はバージョン5.3.0にアップデートして頂くことでご利用になれます

こんな方はご相談ください。

  • 通常の妊婦健診で胎児異常がみつかった(もしくはその疑いがある)
  • ご自身または血縁者に先天異常児の妊娠・出産歴がある
  • 何らかの理由(例えば高齢妊娠など)で赤ちゃんのことが心配である
  • 専門医による胎児超音波診断を受けたい

※他院通院中の方、産科の先生方からのご依頼・ご紹介も大歓迎です

胎児超音波検査について

超音波検査は、単に赤ちゃんの大きさや性別を診るだけにとどまらず、赤ちゃんの状態に応じて下記の専門技術を駆使し、大切な赤ちゃんの全身状態、胎児異常の有無をチェックしております。
安全なご出産のために、適切な分娩方針を決めるために、専門性の高い医療の提供に努めております。

主な対象疾患や病態

形態的異常

先天性心疾患 心房中隔欠損・心室中隔欠損、大血管転位、両大血管右室起始、ファロー四徴症、房室・動脈弁疾患など
中枢神経系 水頭症、脳梁欠損、二分脊椎、脊髄髄膜瘤、Dandy-Worker 症候群など
呼吸器系 先天性のう胞性腺腫様奇形、横隔膜ヘルニア、肺分画症、肺低形成など
消化器系 先天性腸閉鎖、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、胎便性腹膜炎など
泌尿生殖器系 多嚢胞性異形成腎、尿路閉鎖、腎無形成、陰嚢水腫、卵巣嚢腫など
骨格系 先天性骨系統疾患(四肢短縮症など)、多指症など
その他 口唇口蓋裂、嚢胞性リンパ管腫(胎児水腫)など

機能的異常

羊水量異常 羊水過多と過少の診断と関連疾患の有無の評価など
胎児胎盤機能不全 胎児胎盤循環の評価、子宮内胎児発育遅延の診断と重症度評価など
心不全 胸水、腹水、胎児水腫などを含む胎児心機能評価
多胎妊娠 双胎間輸血症候群の診断と重症度評価など

胎児に異常がみつかった場合

妊娠経過や出生後の見通しについて、主に以下に重点をおいて診断や評価・検討を行います。

  • 胎児の病状やその重症度について
  • 胎児治療や新生児治療の可能性・必要性・緊急性について
  • 母体と患児にとって適切な分娩方法と周産期医療施設について

胎児治療や新生児治療を要する以下のようなケースでは、その治療や分娩に対して受け入れ態勢が整っている地域の周産期医療施設をご紹介させて頂いております。

  • 胎児治療を要する疾患
    胎児不整脈、胎児貧血、双胎間輸血症候群など
  • 新生児治療を要する疾患
    先天性心疾患、横隔膜ヘルニア、臍帯ヘルニア、先天性腸閉鎖、呼吸器系の先天奇形など

産科医不足に伴い、産科医療の崩壊が叫ばれている昨今ですが、この胎児診断外来で、一人でも多くの赤ちゃんとそのご家族のお役に立てるよう、全力を尽くしてまいりたいと考えております。
お困りの方はどうぞご相談ください。

お電話による予約について

  • 他院通院中の方は以下の情報を添えてお電話で予約をお取り下さい。
    (氏名/年齢/連絡先/紹介状の有無/妊娠週数/分娩予定日/胎児の状態)
  • 当院にて妊婦健診中の方は、外来スタッフまでお申し出ください。

Tel. 045-285-1103